囲碁・将棋とAI

 囲碁将棋欄の観戦記には毎回のように、人工知能(AI)への言及がある。人間を超す棋力を持つAIを使い、各棋士が研究を続けているためだ。「新しいAIを導入して、視野を広げる一助に」「問題を繰り返し解き、AIに近づこうと」…。ここ4年ほどで状況が大きく変わった。

 それ以前、囲碁のコンピューターソフトは人間に及ばなかった。将棋ではプログラム開発者が個性豊かなソフトを生み出し、プロ棋士と互角に戦うまでに進化。2016年ごろから、AIが自ら考える深層学習の技術が進み、囲碁・将棋とも人間を一気に抜き去ってしまった。

 昨年末に公開された映画「AWAKE」は、将棋の棋士養成機関の奨励会に在籍した主人公が、プロへの夢が破れた後にソフト開発に没頭し、プロ棋士と対戦する物語。15年にあった実話を基にした。人間とコンピューターが競うことができた時代は今や牧歌的にも見える。 (根井輝雄)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR