【★どうが★やさしい日本語】天神(てんじん)で、道(みち)に  置(お)いたままの「放置(ほうち)自転車(じてんしゃ)」が  減(へ)った

福岡ふくおかの  天神てんじんには、「放置ほうち自転車じてんしゃ」が  たくさん  ありました。

放置ほうち自転車じてんしゃとは、ルールを  まもらないで  みちに  いたままの  自転車じてんしゃのことです。

2001ねんには、4530だいも  ありました。

2003ねんには「日本にっぽんで  いちばん  放置ほうち自転車じてんしゃが  おおい  場所ばしょ」に  なってしまいました。

放置ほうち自転車じてんしゃが  あると、あるく  ひとの  じゃまになります。

が  あまり  えない  ひとは  とくに  あぶないです。

福岡ふくおかは、天神てんじんの「サザンどおり」という  みちに、自転車じてんしゃを  く「駐輪ちゅうりんじょう」を3つ  つくっていました。

そして、駐輪ちゅうりんじょうに  自転車じてんしゃを  くように  おねがいしました。

放置ほうち自転車じてんしゃは  すこしずつ  って、2019ねんには、40だいだけに  なりました。

ですから  福岡ふくおかは、サザンどおりの  駐輪ちゅうりんじょうを  1がつ20日はつかで  めます。

天神てんじんには「きらめきどおり」や「警固けごこうえん」などに  駐輪ちゅうりんじょうが  あります。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR