福岡・粕屋町 IoTを活用して児童見守り、端末無料配布へ 

 福岡県粕屋町は4月から、位置情報を把握できる端末を全児童に無料配布する「IoT(モノのインターネット)を活用した見守り事業」を始める。通学路の安心・安全の確保が目的で、対象児童は約3500人。町によると、同様の試みは県内では福岡市に続き2例目となる。

 九州電力送配電(福岡市)のサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」のシステムを利用。約3センチ四方の電池式の端末を配り、ランドセルなどに付けて携帯してもらう。

 公共施設や一部のコンビニ、自動販売機、電柱に設置された固定基地局の近くを通ると、端末から送られた信号を基地局が感知。通過した場所、時間の情報がサーバーに届き、記録される。専用の「見守り人」アプリをダウンロードしている町民、タクシーなどの近くを通った場合も情報が記録される。

 固定基地局は4月時点で福岡市内3千カ所、粕屋町内100カ所程度になる見込み。子どもの居場所が分からなくなった場合など、緊急時には要請に基づき県警に情報を提供する。

 通過場所の履歴を見たり、特定の基地局を通過した場合に自動で通知を受け取ったりする保護者向けの有料サービス(税抜き480円)もある。

 町協働のまちづくり課は「地域の方々の協力も得ながら、町全域で子どもたちの安全を確保し、安全で安心なまちづくりを推進したい」としている。 (森竜太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR