真冬の山で倒れている男性…「大丈夫ですか」救った女性に感謝状

 福岡県警久留米署は18日、久留米市の高良山で遭難した男性(84)を救助した市内の会社員林田幸枝さん(65)に感謝状を贈った。男性は市内在住で、前日から行方が分からなくなり、家族が捜索願を出していた。

 林田さんは昨年12月20日午前11時半ごろ、高良山中の登山道から外れた脇道付近で、男性が倒れているのを山登り中に見つけた。林田さんは「大丈夫ですか」と男性に声を掛けて水を飲ませ、119番した。

 山中では真冬の夜、気温が氷点下まで下がることもある。署によると、男性は19日から一昼夜、遭難していたため、低体温症などで歩けないほど衰弱していた。集中治療室(ICU)に1日入院したという。

 男性は一時退院したが、持病で再度入院中という。

 林田さんは「一人で景色を見ながらゆっくり歩いていたので発見できた」と振り返った。俵積田政志署長は「男性は危険な状態だった。林田さんがいてくれてよかった」と感謝した。 (玉置采也加)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR