児童・生徒の感染者347人、重症者なし 昨年末時点、新型コロナ

 福岡県と県教育委員会がまとめた昨年12月25日までの県内の小中高・特別支援学校における新型コロナウイルスの感染状況によると、児童・生徒の感染者は計347人だった。教職員は59人。いずれも重症者はいなかった。

 児童・生徒の感染者の内訳は、小学校が118人、中学校が79人、高校が138人、特別支援学校が12人だった。症状別に占める割合は、無症状と、軽症・中等症がそれぞれ半数ずつだった。教職員も含めて同時期に感染者が5人以上確認された学校は、小学校3校、中学1校、高校5校、特別支援学校1校だった。

 新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言が13日に県内に発出されたが、県教委は一斉休校は求めない方針。13日に記者会見した城戸秀明教育長は「今の状況を見る限りは児童生徒の感染率は低く、学校を舞台にしたクラスター(感染者集団)も少ない」との認識を示した。

 (華山哲幸)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR