ラグビー熱狂の先に

 スタジアムの熱狂を遠くに感じる。2019年のラグビーワールドカップ日本大会から1年余り。メンバーの半数が海外の国籍・出身という日本代表の快進撃に、日本人も外国人も観客席で肩を寄せ合った。多様性を受容する。その一体感が熱を充満させた。

 新型コロナの影響で風景は一変した。国内最高峰のトップリーグ(TL)は昨季、中止になり、日本代表の活動も止まった。感染状況が一時落ち着いたことで、この冬には高校生の公式戦が再開したものの、またも感染が急拡大。16日に予定されたTLの今季開幕が延期となった。

 まずは命を守ること、経済を止めてしまわないこと。スポーツはどうか。少なくとも心を揺さぶり、暮らしを潤し、新たな価値観を生み出しうるものと私は思うが、捉え方は人によって異なるだろう。あなたにスポーツは必要ですか。今こそ、この問いに向き合い、新たな熱狂が訪れる日を待ちたい。 (入江剛史)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR