北九州市議選に81人立候補か 22日告示、衆院選「前哨戦」に

 菅義偉政権発足後、初の政令市議選となる北九州市議選(定数57)が22日、告示される。次期衆院選の前哨戦として注目されるが、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言下の選挙戦となり、出陣式や集会を取りやめる立候補予定者が続出している。コロナ禍で疲弊した地域経済の立て直しや、政令市で最も進む高齢化対策などが争点となりそうだ。投開票日は31日。

 西日本新聞の取材では20日現在、現職52人、元職3人、新人26人の計81人が立候補を予定。前回より1人多く、全7選挙区で選挙戦になる見通し。党派別では自民党22人、立憲民主党7人、公明党13人、共産党10人、日本維新の会4人、ふくおか市民政治ネットワーク・北九州1人、無所属24人。

 前回の投票率は39・2%で過去最低を更新。今回は緊急事態宣言の影響も懸念される。有権者数は79万4010人(昨年12月1日現在、市選管調べ)。

(山下航)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR