「安倍1強」ならぬ「菅一存」

 新型コロナウイルス対応の迷走が響き、内閣支持率が急落する菅義偉政権。緊急事態宣言の再発出を巡っては、東京都知事らに突き上げられ、慎重姿勢から一転。さみだれ式に対象地域が拡大され、与野党から「後手」「小出し」「泥縄だ」と批判を浴びる。

 その要因について、永田町の見方は共通している。「首相に忠告できる側近がいない」「首相にまだなり切れていない。官房長官のままだ」…。実際、首相側近は「首相が何でも自分で決めてしまう。聞いてくれない」と愚痴をこぼす。別の側近は、官房長官時代のように最初から最後まで報告を受け、自ら決断する流れは何も変わっていないと明かす。

 未曽有の国難に直面する今、首相1人の力では乗り切れない。霞が関は官邸ににらまれるのを恐れてか、自由な政策立案に及び腰になっているとも聞く。「安倍1強」ならぬ「菅一存」も勘弁してもらいたい。 (古川幸太郎)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR