バイデン新大統領が就任、歴史的危機打開へ「団結こそ前進への道」

 【ワシントン田中伸幸】米民主党のジョー・バイデン氏(78)が20日(日本時間21日)、首都ワシントンの連邦議会議事堂前で開かれた就任式で宣誓し、第46代大統領に就任した。バイデン氏は演説で、世界最悪の被害が続く新型コロナウイルス禍や、民主主義の根幹である大統領選の結果を覆そうとした議事堂襲撃など、米国が「歴史的な危機」に直面していると強調。「団結こそが前進への道だ」と訴え、政治的対立など「野蛮な闘いを終わらせなければならない」と呼び掛けた。

 バイデン氏は同日夕、ホワイトハウスに入り、新型コロナ対策として連邦施設内でのマスク着用の義務化や、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」への復帰などに関する大統領令に署名。共和党のドナルド・トランプ前大統領(74)が展開した政策の大幅な見直しに乗り出した。

 大統領就任式が開かれるワシントンには通常、大勢の国民が祝意を示すため駆け付ける。しかし今年は、大統領選の不正を訴えたトランプ氏の支持者らによる今月6日の議事堂襲撃を受け、2万5千人以上の州兵が就任式に対する抗議活動や暴動を警戒。議事堂周辺などへの一般市民の立ち入りが禁止されるなど、異例の厳戒態勢が敷かれた。

 就任式には退任する大統領の出席が慣例だったが、トランプ氏は152年ぶりに欠席。マイク・ペンス前副大統領(61)は出席しバイデン氏と、女性、黒人、アジア系として初の副大統領に就任したカマラ・ハリス氏(56)に祝意を示した。

 バイデン氏は演説で、米国が「民主主義への攻撃、虚偽、ウイルス、人種差別、気候など全ての問題に、同時に直面している」と強調。大統領選などを巡り農村対都市、保守対リベラルなどの構図で社会の分断が激化している現状に危機感をあらわにした。

 その上で「分断する力は深刻だが、互いを敵として見るのではなく、尊厳と敬意を持とう」と呼び掛け、国民の結束を取り戻すため全霊を尽くすと誓った。

 外交に関しては、トランプ政権下で、欧州など一部で摩擦が生じた同盟関係の修復を目指す考えを示した。対立が深まる中国に関する言及はなかった。

関連記事

PR

国際 アクセスランキング

PR