サガン飛躍へ、鳥栖市役所で激励式 金監督「上位目指す」2月27日開幕

 2021年シーズンに向けて始動したサッカーJ1サガン鳥栖の激励式が21日、佐賀県鳥栖市役所であり、金明輝監督と豊田陽平選手が橋本康志市長や森山林議長らに飛躍を誓った。

 金監督は「日頃のサポートのお返しができるよう、上位目指して準備したい」、豊田選手は「あと2ゴールで通算100ゴール。目標に力を注ぎ勝利に貢献したい」と強調。橋本市長は「アビスパ福岡もJ1に上がり、九州勢の戦いも楽しみ。ともに戦う気持ちで応援したい」と述べた。

 激励会は例年、市民も参加するが、新型コロナウイルスの感染防止のため市幹部のみが出席。金監督らはこれに先立ち佐賀市の佐嘉神社で必勝を祈願した。

 チームは25日から沖縄キャンプに入り、2月27日に湘南ベルマーレとアウェーでの開幕戦を迎える。ホームでは3月6日の浦和レッズ戦が開幕となる。 (杉野斗志彦)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR