天神-天神南駅間の乗り継ぎ制度廃止へ 地下鉄七隈線延伸後

 福岡市が地下鉄空港線天神駅と七隈線天神南駅の間で実施している改札外乗り継ぎ制度を、2022年度に予定される七隈線の博多駅延伸後に廃止する方向で検討していることが分かった。天神駅と天神南駅間で乗り換えた場合、新たに初乗り料金が必要となる見通し。

 七隈線が延伸されれば博多駅でも改札内乗り継ぎができるようになり、目的駅に行くのに天神経由と博多経由の二つのルートが発生する。市は当初、どちらのルートで目的駅に着いても最短ルートでの運賃を算出する方針だったが、国の指摘を受け、乗車距離に応じた運賃が必要と判断。天神駅と天神南駅は「乗り換え」として初乗り料金を請求し、乗り継ぎができる駅を博多駅のみとした。

 ただ、天神地区での乗り継ぎ制度を廃止することで、利用区間によっては運賃値上げや利便性低下につながるため、市は天神駅と天神南駅間の乗り継ぎのみを認める定期券の導入のほか、普通券、ICカードについても一定の負担緩和策を検討する。 (泉修平)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR