北九州市議選が告示、81人が立候補届け出 人口減や高齢化対策争点に

 北九州市議選が22日、告示された。定数57に対し、午後0時半までに前回より1人多い81人が立候補を届け出た。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下で制約の多い戦いとなり、選挙運動や投票率への影響が懸念される。投票は31日(離島を除く)で、即日開票される。

 81人の内訳は現職52人、元職3人、新人26人。党派別では自民党22人(前回当選18人)、立憲民主党7人(同7人=旧民進党)、公明党13人(同13人)、共産党10人(同10人)、日本維新の会4人(同0人)、ふくおか市民政治ネットワーク・北九州1人(同1人)、無所属24人(同7人)。

 人口減や高齢化が著しい同市の活性化策やコロナ禍で打撃を受けた地域経済の立て直しが争点。菅義偉政権発足後、初の政令市議選で、今秋までに行われる衆院選の前哨戦としても注目される。有権者数は79万4269人(21日現在、市選管調べ)。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR