ベスト電、吸収合併後も「ベススタ」の名称存続 社長「応援続ける」

 ヤマダホールディングス(群馬県高崎市)傘下のヤマダデンキ(同)に7月に吸収合併されるベスト電器(福岡市)の小野浩司社長が22日、福岡市で記者会見し、今季からサッカーJ1に復帰するアビスパ福岡の本拠地「ベスト電器スタジアム(博多の森球技場)」の命名権を契約満了まで維持すると表明した。

 同球技場は「ベススタ」の愛称で親しまれており、命名権はベスト電器が2023年2月末まで保有。福岡市との契約名義は今後、ヤマダデンキに変更するものの、現在の名称を残すことにした。市の同意も得たという。会見で小野社長は「球団の応援も続けていく」と明言。アビスパのオフィシャルパートナー契約も維持する。(布谷真基)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR