鹿児島県が感染拡大警報 ステージ3に引き上げ、飲食店に時短要請も

 鹿児島県は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、対策本部会議を開き、県が定める4段階の警戒基準について、ステージ2(感染者漸増)からステージ3(感染者急増)に引き上げた。同日から2月7日までの「感染拡大警報」を発令した。

 また鹿児島、鹿屋、薩摩川内、霧島、奄美の5市の飲食店に対し、午後9時までの営業時間短縮(酒類の提供は午後8時まで)を要請することを決めた。期間は25日~2月7日。要請に応じた店舗には、1日4万円の協力金を支払う。

 県内では、20日に過去最多となる59人の感染が判明するなど、急速に感染が拡大。塩田康一知事は「このままでは医療提供体制が迫(ひっ  ぱく)する可能性が大きい」と危機感を示した。県独自の緊急事態宣言の発令については「各県をみるとステージ4で発令している。そういった状況ではない」と否定した。 (片岡寛)

鹿児島県の天気予報

PR

鹿児島 アクセスランキング

PR