「全国大会で力を発揮したい」珠算能力検定1級満点合格の久留米商高生

 福岡県久留米市の久留米商業高2年、安丸叶恵さん(17)が、珠算能力検定試験1級(日本商工会議所主催)で満点合格を果たした。昨年10月にあった試験では全国9242人が受験し、満点はわずか31人。久留米市からは安丸さんだけだった。

 試験はそろばんで、みとり算、かけ算、わり算の計50題を30分で解いた。18日に合格表彰伝達式が市商工会議所であり、賞状や盾が安丸さんに贈られた。

 安丸さんは5歳でそろばんを始めた。現在は強豪の久留米商高の珠算・電卓部長を務める。自宅やそろばん教室でも、試験や全国大会に備えて練習してきた。

 部の顧問の藤田美穂教諭(37)は「正確で安定した計算ができるのが安丸さんの強み。今回の満点合格はふさわしい結果でした」とたたえた。安丸さんは「満点合格できて満足。次は珠算の全国大会で力を発揮したい」と意気込んだ。 (玉置采也加)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR