女性殺害容疑の15歳少年 鹿児島から移送、福岡で刑事裁判へ

 昨年8月に福岡市中央区の大型商業施設で買い物客の女性=当時(21)=が殺害された事件で、鹿児島地検は22日、殺人などの疑いで送致され鹿児島家裁が検察官送致(逆送)の決定を出した少年(15)について、福岡地検に事件を移送した。福岡地検は28日までに起訴し、福岡地裁で成人と同様の裁判員裁判が開かれる見通し。

 鹿児島地検は移送に当たって福岡地検と協議し、事件が福岡市で起きたことや、女性の遺族が福岡地裁での刑事裁判を望んでいることなどを考慮して判断したという。少年の身柄も22日に鹿児島拘置支所(鹿児島市)から福岡拘置所(福岡市早良区)に移された。

 少年は昨年8月28日に商業施設で女性を切り付けて殺害したなどとして逮捕され、福岡家裁に送致された。家裁は同12月、事件を少年の親族が住む鹿児島県の家裁に移送。鹿児島家裁は今月19日の少年審判で「少年院で問題を改善するのは困難」などとして、逆送とした。 (片岡寛、山口新太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR