火野葦平の大本営直訴 水江浩文

 太平洋戦争の末期、戦争指導者に面と向かって作戦の無謀や前線の士気低下など深刻な問題を直訴した硬骨漢がいた。兵隊作家として国民的人気を博した火野葦平(1907~60)である。

    ◇   ◇    

 「インパール作戦従軍記-葦平『従軍手帖』全文翻刻」(集英社)によると、44年8月28日、ビルマ(現ミャンマー)で火野は郷土部隊・菊兵団の田中新一師団長から杉山元(はじめ)陸相宛てなど2通の手紙を託された。田中は火野に対し「大本営に行ったら、すぐその足で大臣に会って、よくこちらのことを話してくれ」と依頼したという。

 約1カ月後の9月25日、火野は大本営に到着し面会は実現した。しかし、「従軍手帖」は面談の内容には触れていない。火野が具体的なやりとりを明かしたのは「火野葦平選集」第四巻(59年、東京創元社)の巻末で自ら書いた「解説」である。

 それによれば、ビルマから帰国する機上で意見書を仕上げた。「インパール作戦が無謀きわまる強引作戦であったこと」「前線の将兵の質の低下、特に参謀や部隊長の統率力の欠如」「意地や面目や顔などの固執によって兵隊が犬死させられている」などと訴え、このままだと「由々しき結果を生じる」と結んだ。

 さすがに「負ける」という文字は使えないので、そんな言い回しをしたというが、軍の作戦や方針に公然と異を唱えることが当時、どんな覚悟と勇気を必要としたか。「逮捕されても、投獄されても、処刑されてもよい」と考えていたと火野は回顧している。

 火野はこの意見書に基づいて直訴した。杉山陸相は「御苦労。よくわかった。しかし、望みは充分ある。肉を斬らしておいて、骨を斬るんじゃ」と述べ、両手で刀を持つ格好とともに一太刀振り下ろすしぐさをしたという。「そんな原始的な精神力ではもう間に合わなくなっているのに、軍の中心となる責任者が、まだそんなことをいっているのが、私は悲しかった」

 火野の無念と落胆はいかばかりだっただろうか。

    ◇   ◇ 

 現在の北九州市若松区に生まれ、「糞尿譚」で芥川賞を受賞した。「麦と兵隊」など兵隊3部作で流行作家となったが、戦後は戦争協力者として公職追放を受けた。

 「敗北の巨斧を背に衝かれた私としては、自分の暗愚さにアイソがつき、戦争中の言動を反省して、日々が地獄であった」とも書き残している。60年1月24日、自ら命を絶つ。あすが命日である。

 (論説副委員長)

関連記事

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR