『スペイン市民戦争とアジア』石川捷治、中村尚樹著(九州大学出版会・1980円)

 「反ファシズム」の旗の下、55カ国から4万人もの市民が国際義勇兵として参戦した1930年代のスペイン内戦は、遠く離れたアジアでも、中国の抗日統一戦線実現などに大きな影響を与えた。本書は2006年刊の名著の新装版。日本人として唯一共和国側で戦ったジャック白井をはじめ、中国やフィリピンから参戦し...

残り 86文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR