ある中学生の記事

 迷ってばかりいる。各地から届く記事のどれを掲載し、どれを見送るか。その日は、とりわけ迷った。近畿地方で中学生が「学校に行く」と母親に告げて行方不明になり、警察が顔写真を公開したという記事が手元にあった。

 事件に巻き込まれ、福岡にいるかもしれない。掲載すれば、誰かの目に留まり助かるかもしれない。親御さんは、九州の地方紙であっても、情報提供を呼び掛けたいだろう。とはいえ、紙面に載れば、インターネット時代には意図せぬ拡散もあり得る。大ごとではなかったとき、つらい思いをさせるかもしれない。

 1日様子を見ようと掲載を見送り、紙面編集を終えたころ、遺体発見の記事が配信された。自殺とみられるという。何に苦しんでいたかは分からないが、極限だったのだろう。帰りを待ち望み、捜している人たちがいた。誰かが生徒の迷いに気付き、見つけてくれるまで迷っていてほしかった。 (田篭良太)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR