ソフトバンク周東選手、福大児玉選手に西日本スポーツ賞 福岡市で贈呈式

 スポーツ界で優れた成績を収めた九州・沖縄ゆかりの選手や団体、スポーツ界発展に寄与した功労者に贈る令和2(2020)年度の西日本スポーツ賞(共催・テレビ西日本、協賛・富士通、日本製紙)の贈呈式が24日、福岡市・天神のエルガーラホールであり、2個人に表彰状などが贈られた。

 第66回の20年度はアマチュア関係で、陸上の日本選手権女子100メートルを初制覇し、日本学生対校選手権では女子100メートル、同200メートル、同400メートルリレーの3冠を達成した福岡大陸上競技部の児玉芽生(めい)選手(21)が初受賞した。

 プロフェッショナル関係は、プロ野球で4年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスから初の盗塁王に輝き、日米最長となる13試合連続盗塁を決めた周東佑京内野手(24)が初めて同賞を受けた。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR