耳に残る船頭さんの言葉

 緊急事態宣言が福岡県にも拡大されて10日余り。宣言前から柳川市は、観光客の減少に立ち向かおうと、川下りの利用客への割引や市内のタクシー料金の一部負担など、幾つもの対応策を打ち出していた。西鉄の観光列車「ザ・レールキッチン・チクゴ」の柳川駅の乗降客には、3月から助成を行う予定だ。

 そんな中での、さらなる逆風。県は不要不急の外出・移動の自粛を求める。国の「GoTo」、県の「避密の旅」両キャンペーンで昨秋、少し盛り返した客足がまた減った。金子健次市長は「柳川にだけ来てほしいというわがままを言うわけにもいかない」と一部助成事業の新規受け付け休止を決めた。

 国から宣言受け入れを求められた小川洋知事が口にし、その後撤回した「最後の船」という言葉。どんこ舟の船頭さんがぽつりと漏らした「俺にとって最後の舟になるかもしれんなあ」とのつぶやきが耳に残る。 (室中誠司)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR