「流木あげます」豪雨で流入、処分費用を節約 熊本県市房ダムが無償提供

 熊本県市房ダム管理所(水上村)は、昨年7月の豪雨でダム湖内に流入した流木を薪やガーデニング資材として活用してもらおうと、人吉・球磨地域の住民を対象に無償提供を始めた。

 豪雨の際、球磨川や支流の湯山川からダム湖に流木約2万立方メートルが流入。森林組合などがボートで回収し、湖岸の4カ所に集めた。

 処分費用がかさむことから、住民に燃料や資材として活用してもらおうと管理所が無償提供を企画。細いものは長さ50センチ弱の薪用に、太いものはガーデニングやアート作品の資材用として2メートル前後にカットした。

 ダム管理事務所から約2キロ上流の球磨川右岸で、平日の午前9~11時と午後2~4時に受け渡す。今後、別の3カ所の集積所でも受け付ける。ダム管理所=0966(44)0304。

 (中村太郎)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR