鳥栖に宿泊療養施設開設へ 佐賀県知事、準備チームを激励

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、佐賀県が鳥栖市に確保した2カ所目の宿泊療養施設の開設に向けた準備チームの激励式が25日、県庁であった。山口祥義知事が「皆さんの働きが医療環境を守るために大事になる」と県職員のメンバー5人を激励。今週末の開設に向けて準備を急ぐ。

 施設は無症状や軽症の人が滞在し、県職員と看護師が常駐して対応する。これまで佐賀市のホテルの約230室を確保していたが、新たに鳥栖市のホテルの約130室を活用する。

 チームリーダーの堤祥吾国際課副課長は「鳥栖地域の感染者が増加しているので、療養施設の設置が重要と思う。ワンチームとなって準備を進めたい」と意気込みを語った。

 (北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR