久大線復旧に橋桁再利用 BRT転換の日田彦山線から移設

 昨年7月の記録的豪雨に伴うJR久大線の復旧工事で、JR九州がバス高速輸送システム(BRT)への転換工事を進めている日田彦山線から撤去した鉄橋の橋桁3基を再利用している。工期短縮が狙いで、災害復旧では珍しい取り組みという。全線開通予定は3月1日。当時鉄橋流失を目の当たりにした大分県九重町の地元からは「もっと時間がかかると思ったが、早い復旧に驚いている」と感謝の声が上がっている。

 同町の久大線・豊後中村-野矢間にある第2野上川橋りょうは、豪雨による野上川の氾濫で流失した。JR九州によると、復旧工事は昨年11月に着手。その際、約35キロ離れた同県日田市の日田彦山線・宝珠山-大鶴間の大肥川に架かっていた鉄橋の橋桁3基(1基の長さ約13メートル、重さ約10トン)の再利用を決めた。BRTは同区間では一般道を走行する予定。

 橋桁は1937年製と古いが、状態も良く現状復旧には十分に使えると判断した。新たに橋桁を製作した場合に比べ、半年ほどの工期短縮効果が見込めるという。

 昨年12月下旬にトレーラーで運搬し、現在は2本の橋脚の上に3基をつなげる形で設置作業を進めている。ただ同じ規模の災害にも耐えられるように、今後は架け替えも検討する。

 九重町の日野康志町長は「久大線を利用して通学している学生は代行バスはあっても乗り換えが必要で不便を強いられており、一日も早い復旧は本当にありがたい」と話している。

 (吉田賢治)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR