西鉄電車最大40円値上げ コロナで収益悪化 終電繰り上げ、減便も

 西日本鉄道(福岡市)は29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響による収支悪化に伴い、天神大牟田線で10~20円、貝塚線で10~40円の値上げを、3月6日から一部区間でそれぞれ実施すると発表した。対象は天神大牟田線が運行距離7~17キロ、貝塚線が4~11キロの区間。定期券の料金は据え置く。天神大牟田線は同月のダイヤ改正で1日の運行本数を12~28本削減する。

 西鉄電車の値上げは消費税増税分の転嫁を除けば1997年以来となる。

 主な区間では天神大牟田線の福岡(天神)-春日原間は20円増の310円、貝塚線の貝塚-西鉄新宮間は40円増の310円となる。

 値上げする区間は、JR九州の在来線と競合するなどしており、97年の運賃改定時に国から認可を受けた上限より低い運賃に設定していた。新型コロナの影響で利用者が減少しており、上限運賃まで引き上げる。

 3月13日に実施する天神大牟田線のダイヤ改正では、福岡(天神)発の主要駅までの終電を13~30分繰り上げ。平日の運行本数は、昼間や深夜帯で19本減らし713本とする。土曜は12本、日曜祝日は28本それぞれ減らす。貝塚線のダイヤ改正は今回は行わない。

 西鉄は運賃値上げや減便で計約2億円の収支改善を見込む。(古川剛光)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR