高校生平和大使を韓国に派遣 両国の核禁条約署名求め 被爆者と交流

 長崎、広島両市の市民団体「高校生平和大使派遣委員会」は29日、長崎市役所で記者会見し、県内の高校生平和大使2人を3月に韓国南部の陜川(ハプチョン)郡に派遣すると発表した。現地の韓国人被爆者や高校生との交流を通して、核兵器禁止条約に署名していない日韓両国で署名の機運を高める狙いだ。

 委員会による高校生の韓国派遣は2003年から実施。昨年は新型コロナウイルス感染拡大を受け中止になったが、今年は全国30人の派遣を予定している。

 県内の2人は諫早商2年の中本大貴さん(16)と活水高校2年の小畑なつさん(16)。陜川郡は徴用先の広島で被爆した韓国人被爆者が多く、現地には3日滞在する予定。新型コロナの状況次第では延期や、オンラインシンポジウムに代えることも検討しているが、中本さんは「地道な努力が両国の署名につながると信じている」と意気込みを語った。 (西田昌矢)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR