節分の豆知識

 今年の節分は、例年より1日早い2月2日。恵方巻きの宣伝を見て「おや?」と思った方も多いのでは。2月2日生まれの私もその一人。興味がわき、国立天文台のホームページをのぞいてみた。

 節分は、二十四節気である立春の前日。1年は厳密には365日ではなく、365日と約6時間。ずれを調節するためにうるう年があるが、立春の位置を地球が通過する時期に揺らぎがあるため、日付が前後するのだそうだ。直近では37年前の1984年に一度、立春が5日になり、その年の節分は2月4日だった。

 2日が節分になるのは1897年以来124年ぶり。明治時代以来とは驚きだ。20200202と、上から読んでも下から読んでも同じ数字が並んだ昨年に続き「今年は恵方巻きで祝えるね」と家族で笑い合っている。来年以降は、4年周期で2025年と29年に2日が節分になるとか。以上、マメ知識となったでしょうか。 (安藤隆信)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR