「幸せ分かち合える飯塚市に」 無投票再選の片峯市長が抱負

 「支え合い、助け合い、幸せを分かち合えるような飯塚市にしたい」。31日告示された飯塚市長選で、無投票で再選された無所属現職の片峯誠氏(64)は市内で記者会見を開き、2期目への抱負を語った。

 片峯氏は、前市長の賭けマージャン問題による引責辞職に伴う2017年2月の市長選に立候補し、三つどもえの選挙戦を制して初当選した。今回の市長選では、出馬の意向を表明した新人が撤回。前回から一転、無投票となったことについて「これまでの政策に一定の承認をいただけたと思う」と述べた。

 新型コロナウイルス対策として緊急事態宣言が発令されている中、「人が密集して感染者を出してしまったらいけない」と出陣式は取りやめ、選挙カーでの遊説なども行わなかった。 (丸田みずほ)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR