【★どうが★やさしい日本語】中国(ちゅうごく)の  テレビで 14年(ねん)ぶりに  日本(にっぽん)の  新(あたら)しい  アニメが  始(はじ)まる

日本にっぽんの  アニメは  外国がいこくで  人気にんきが  あります。

中国ちゅうごくでは、2007ねんまで、  日本にっぽんの  アニメを  テレビで  放送ほうそうしていました。

最後さいごは「めい探偵たんていコナン」でした。

でも、それから  あたらしい  日本にっぽんの  アニメは  ありません。

中国ちゅうごくの  政府せいふが  外国がいこくの  アニメの  放送ほうそうを  あまり  ゆるさないからです。

日本にっぽんと  中国ちゅうごくの  政府せいふが  あまり  なかが  よくなかったのも  理由りゆうかも  しれません。

でも  今年ことしの2がつ、14ねんぶりに  日本にっぽんの  あたらしい  アニメが  はじまります。

「はたらく細胞さいぼう」という  アニメです。

からだの  細胞さいぼう(cell)が、どうやって  病気びょうきから  からだを  まもっているかが  わかる  アニメです。

からだのことを  って、新型しんがたコロナウイルス(COVID-19)に  をつけ ほしい  から  かもしれません。

中国ちゅうごくの  ソーシャル  ネットワーキング  サービス(social networking service)では、よろこんでいる  ひとが  たくさん  います。

「『鬼滅の刃きめつ      やいば』もはじめてほしい」と  いている  ひとも  いました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR