春を感じさせる歌

 短歌雑誌の仕事で、春の短歌のアンソロジーを編んだ。なぜか「春」という語は使わないで春を感じさせる歌、という条件が提示されていた。春は、ぽかぽかとあたたかいおだやかな日もあれば、特有の強い風が吹いたり、長く雨が降ったりすることもある。場合によっては、ふいに雪が降ることもある。風や雨は年中、雪は...

残り 499文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR