福岡で63人感染 1ヵ月半ぶり2桁に

 福岡県で1日、新たに63人の新型コロナウイルス感染が確認された。1日当たりの感染者が100人を下回るのは、昨年12月22日以来約1カ月半ぶり。死亡者は6人だった。

 福岡市は0歳~90代の30人の感染と、60代女性の死亡を発表した。女性は1月29日に体調不良で自宅から救急搬送され、治療時のPCR検査で陽性が判明。同日に亡くなった。

 県発表は28人。春日市の食品販売会社「和生」で職員10人の感染を確認し、クラスター(感染者集団)が新たに発生したと認定した。また既にクラスターと認定していた病院や福祉施設など6施設で、計8人の陽性が判明した。

 北九州市は3人で、1日の感染者数が1桁になるのは1月25日以来。久留米市は2人だった。

 佐賀県では、佐賀市の60代女性と神埼市の50代男性の2人の感染が判明。長崎県内では4人の感染と、80代女性の死亡が発表された。

 熊本県と熊本市が発表した感染者は4人。2日連続で1桁となった。

 大分県は8人、宮崎県は12人、鹿児島県は10人の感染をそれぞれ発表した。

PR

社会 アクセスランキング

PR