【質問】線香花火は何種類?伝統守りながら新しく 花火製造所を取材

 みなさんはせんこうはなをしたことがありますか? ふくおかけんみやまにある「つつときまさがんはなせいぞうしょ」(1929年そうぎょう)は、こくないでは3カしょしかないせんこうはなつくっているかいしゃです。よりうつくしいはなかいはつするだけではなく、しょうひんめいやパッケージのデザインにもこだわったどくのものづくりをこどもしゃしゅざいしゃいっしょせんこうはなつくたいけんもしました。

 せいぞうしょまわりには、みやまとくさんのブドウばたけひろがっていた。はなしょくにんしゃちょうつつりょうさん(47)がしょないあんないしてくれた。

 せんこうはなには、かみやくつつんだこよりのようなかたちの「なが」と、ワラのさきやくけた「スボ」の2しゅるいがあり、つつさんのかいしゃではりょうほうつくっている。こくさんせんこうはなだんやすちゅうごくせいされて、つくかいしゃった。つつさんは「なんとしてもにっぽんせんこうはなづくりのでんとうのこしたい」としぼったそうだ。

花火に使う火薬の原料を見せてもらった

 はなようやくつくたてもので、おもげんりょうしょうせきしょうさんカリウム)、おうしょうえんせてもらった。つつさんはでんとうてきはなづくりをたいせつにする。「こくさんげんりょう使つかうことで、だまおおきく、ばなが4だんかいうつくしくへんするせんこうはなつくれます」。しょうえんられて30年ほどたったみやざきけんさんまつをいぶしてつくる。「さいきんかんきょうかいまつすくなくなっている。はなづくりをつづけるためにしょくじゅかつどうかんがえています」とき、つつさんのしんけんさがつたわった。

 かただいたんえた。しょないにあるはなてんはんばいするギャラリーにはいると、「ふゆの、できたてせんこうはな」というしょうひんいた。「はななつにするものでは」とかんじ、おもわずった。

 さいきんのヒットしょうひんきりばこりでてんねんろうそくなどがいたセット「はなはな」(せんこうはな40ぽんり1まん1せんえん)だ。やくつつかみさんふくおかけん)のすき使つかい、おくものひとおおいそうだ。ひときょうしょうひんめいにしたり、だんなっとくしてもらえたりするりょくあるしょうひんつくることがつつさんのふうだとづいた。

 わたしたちはとくべつに「ながづくりにちょうせんした。つつさんは「このはなかみくときのちからげんいのちです」とはなしながら、あっというすうほんつくった。わたしたちもやってみたが、ずんぐりしたり、ほそすぎたり。ふとさやながさをかんぺきにそろえるつつさんのわざおどろいた。

線香花火を作る作業も体験した

 ギャラリーないにははなができるようつつさんは「はなってもあそしょがないかいどもたちのこえをヒントにつくった」とはなした。かんされたくらはいり、つくったはなけた。てんちょくの「つぼみ」、ちからづよばなの「たん」「まつ」。えるすんぜんの「ぎく」…。たしかに4だんかいつつさんの「せんこうはなひといっしょうにもたとえられます」とのことわたしたちもうなずき、うつくしいばながいつまでもえないでほしいとおもった。

花火ができる部屋で自作の線香花火を楽しむ
力強い火花が出る「牡丹」など線香花火には四つの表情がある

こども記者が聞きました!

つつときまさがんはなせいぞうしょ  こうにゅうていきゅううびなどわせは、でん=0944(67)0764。HPはこちら

【取材したこども記者】

福岡市・福岡雙葉小5年/なか記者

 やくげんりょうしょうえん使つかうのは、むかしひとがいらなくなったまつようしてなにかをつくれないかとかんがえたけっだそうだ。やくかためる「にかわ」にもてられるうしぼう使つかわれていることなど、はなづくりがリサイクルやかんきょうもんだいともつながっていることをった。

福岡市・西南学院小5年/なかこういちろう記者

 「ふゆの、できたてせんこうはな」はかぜつよほうがいいばなみになっているそうだ。つつさんにしゅざいして、はなつくり、ることへのこまかいふうりょくねつがすごいなとおもった。はなでんとうささえてきたひとびとおもいがこのつたわればうれしい。

福岡県久留米市・福教大付属久留米小5年/はや記者

 しょないのあちこちに、にぎることではなづくりにけんせいでんりのぞくてつぼうっていた。まんいちでもてつかべでまわりへのがいをおさえるなどあんぜんへのふうがあった。つつさんからははなをするひとちをいちばんに、もっとたのしめるしょうひんにしようというおもいがつたわった。

福岡県朝倉市・立石小4年/はやつき記者

 つつさんがこれからつくりたいしょうひんは、パーティーのときにしつないでできる、けむりがでないはなだそうだ。せんこうはなつくかたおしえてもらった。ぶんほそながくまいてつくったはなを、みんなといっしょにやってとてもたのしかった。これからもしゅざいでいろいろなことをりたい。

福岡市・室見小6年/ふくはらゆき記者

 でんとうまもりつつ、あたらしく、よりおもしろいきれいなはなつくる。そんなしょくにんおもいが、れることなくつづいているとしゅざいかんじた。はなつくじゅんかんたんそうで、やってみるととてもむずかしい。つつさんのせてもらった。あつく、ねんはいったしょくにんだった。

関連記事

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR