コロナ失業の受け皿に 福岡エムケイ、200人新規採用 需要回復見据え

 タクシー会社「福岡エムケイ」(福岡市)は2日、2021年度に例年の4倍に当たる200人を正社員として採用すると発表した。新型コロナウイルス感染収束後の需要回復を見据え、乗務員を確保する狙い。

 同社は約50台のタクシーを保有し、現在の従業員は約140人。事業拡大のため別のタクシー会社から年内に50台を譲り受けて100台体制とする予定で、その分で乗務員約130人を増員。企業役員などを対象としたハイヤー事業でも新たに50社と契約し、70人の乗務員体制を目指す。採用年齢の上限は59歳まで。

 同社はコロナ禍で失業したり、転職先を探したりしている人の受け皿になることも想定している。担当者は「失業するなどして自信を無くした方もいるだろうが、一から乗務員教育するので、仕事に誇りを持って再出発してほしい」としている。

 同社を含む全国のMKグループ10社は21年度、例年の2・5倍に当たる計2千人を正社員として新規雇用する予定。(古川剛光)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR