焼き鳥店、意地の時短営業

ガラスケースに、丁寧に仕込まれた串がきれいに並んでいた。職場を早めに抜け出して、久しぶりに顔を出した福岡市内の焼き鳥店。カウンター席では、緊急事態宣言を受けて、自分の店を閉めている料理人が1人でビールをあおっていた▼奥の座敷席の電気は消えたまま。2回目の宣言が出て、団体客の予約はまたぱったりな...

残り 198文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR