米国紙記者に逆取材 元こども記者25人 コラムや記事を紹介

 しょうちゅうがくせいだい西にしにっぽんしんぶんこどもしゃけいけんした25にん(14~21さい)がひさびさしゅざいかつどうをした。こどもしゃかつどうが10しゅうねんむかえたふしかくとしてさくねんけい2かいべいこくじんしゃらをゲストにまねき、ニュースのはなしからしんまではばひろいた。しゅざいしんがたコロナウイルスのかんせんかくだいぼうのため、オンラインのめんしでおこなった。さんしたもとこどもしゃたちは、しゅざいをもとにちょうかん1めんコラムやじんぶつしょうかいするをイメージしてげん稿こういた。いくつかしょうかいする。

①日本で取材する米国紙記者の思いは…

 1かいさくねん10月、デジタルとかみしんぶんわせてかいじゅうに700まんにんどくしゃがいるべいこくしんぶん、ニューヨーク・タイムズのベン・ドゥーリーしゃとうじょうした。

 とうきょうきょくとくいんとしてしんぞうぜんしゅしょうにん、コロナでアニメえいげきじょうばんめつやいばげんれっしゃへん」をるためえいかんろくてきかずかんきゃくおとずれていることなど、にっぽんせいけいざいだいちゅうしんしゅざいしている。

 「べいこくじんにっぽんについてあまりくわしくない。みなさんのじょうしきべいこくじんにはありえないこともある」とほんてきなことでもていねいせつめいするじゅうようせいきょう調ちょうにちべいしゅざいしてきたけいけんから、「しゃほんてきにはわらないがかたちちがうとおもう。たとえば、けいざいほんじんしゃはデータをよく使つかう。いっぽうわたしはあるみせひとのストーリーからはじめ、けいざいせつめいする」などとしょうかいした。

 ほかにももとこどもしゃたちは、ドゥーリーしゃにっぽんきょうったきっかけ、こくどくしゃけてにっぽんほうじるジャーナリストとしてのおもいなどをいた。

【学生の記事~ニューヨーク・タイムズ ベン・ドゥーリー記者を紹介】

 1980ねんだい、バブルげいにっぽんけいざいきょうそうあいとしてべいこくのニュースでたびたびげられた。「どんなところだろう」。にっぽんへのかんしんいだき、だいがくでは、ほんべんきょうはげみ、アジアけんきゅうんだ。

 そつぎょうあいけんで3ねんかんはたらなかほんじょうたつさせた。こくだいがくいんしゅうりょうきょうどうつうしんしゃはいべいこくだいとうりょうしつをするホワイトハウスやがいこうになこくしょうやく4ねんしゅざいけいけんんだ。そのどうしゃやフランスつうしんしゃ(AFP)のしゃとしてちゅうごくきんでのきんにっぽんもどった。

 2019年、ニューヨーク・タイムズとうきょうきょくちゃくにんとくいんとして「にっぽんのことをアメリカじんせつめいし、かいふかめてもらうことがごと」とかたる。むことでべいこくみんこくきゃっかんてきつめなおし、かんがえるきっかけにしてほしいとねがう。

 ほうどうさいにはじつつたえるたいせつさをきょう調ちょう。「たとえばげんだいてきでおかねちがおおいんしょうだったちゅうごくが、じっさいんでみるとひんこんにもくるしんでいた」とかえる。そうしたけいけんから、ぶんしんおもみがはんえいされないように、またべいこくじんにっぽんへのせんにゅうかんこわすことをしきしてく。「にっぽんくわしくないぶんははおやんでもらうことで、じつただしくつたわっているかかくにんしている」としんのポリシーをかたる。

 「いろいろなことにきょうち、にわたってまなべるしゃごとがとてもき」としゅざいかつどうげんどうりょくかたる。そのうえがくせいしんについて「たのしいとおもえて、いっしょうけんめいになれることをつけてほしい」とエールをおくった。べいこくバージニアしゅうしゅっしん。(ほんけいざいだいがく1ねんやまぐちだい2こどもしゃ

②フェイクニュース、対策は?

 2かいかくは「デマ」や「フェイク(にせ)ニュース」をテーマにさくねん12月にかいさいした。

 もとこどもしゃたちは、べいこくがいこうごとをするこくしょうにっちゅうかんなどをたんとうするこうほうせんもんかんとう)のリタ・ボッツさんとともに、ただしくないじょうほうかくさんされることのもんだいてんまどわされないためのたいさくについてかんがえた。

 ボッツさんはまず、あやまり、せいかくだとらずにひろめる「じょうほう」、わかっていてわざとひろめる「にせじょうほう」があることをしょうかい。「どちらもむかしからそんざいしていたけれど、これまではかぎられたひとびとあいだくちコミできょうゆうされただけ」とせつめいした。

 ところがいまではかいいんせいこうりゅうサイト(SNS)などを使つかい、かんたんにたくさんのひとかくさんできるため、さまざまなもんだいきてしまうという。

 せんきょのときにいつだれにどのようにとうひょうするか、マスクをけるかけないか、なにべるか-。じょうほうひとびとすべてのこうどうえいきょうする。ボッツさんは「じょうほうただしいかどうかけることができれば、よりけつだんをすることができるでしょう」とびかけた。

人物の画面左上がリタ・ボッツさん

【学生のコラム(1)】

ほんむずかしい。こうこうせいであるぼくにとってぶんしょうどっかいさいだいだいである。こくけんにはせいとうりつすう%のもんだいもあり、ひとたちりょうかんじょうなどによってぶんしょうかたおおきくことなることがわかる▼ぼくはコロナでのトイレットペーパーそうどうなどでフェイクニュースのことがになっていた。フェイクニュースをけるには、じょうほうげんかくにんじょうほうしんらいせいたしかめることがだいだ。じょうほうせっしたときのぶんかんじょうれいせいぶんせきすることもゆうこうだ。とくに、いかりやおそれなどのかんじょうつようごくときはじょうほうまわされやすいため、いちまってじっくりかんがえるひつようがある▼なかじょうほうであふれているが、そのしんかくにんし、こうどううつしたり、かくさんしたりするのはである。ぼくたちはつねはっしんしゃかんがえながらじょうほううべきだとおもう。じょうほうただしくようできるようになることで、じょうほうにせじょうほうつよしゃかいじつげんされるだろう▼トイレットペーパーそうどうのようなこんらんかえさないために、ったじょうほうをどうくか。こくけんもんだいにもまさむずかしいだいである。(ふくおかこうこう1ねんやまぐちともひろだい6こどもしゃ

【学生のコラム(2)】

わたしたちのまわりはじょうほうであふれている。にちじょうなかにもフェイクニュースはひそんでいるかもしれない▼ぜんゆうじんAから「ゆうじんBがぶんわるいうわさをながしている」ときょうつうゆうじんからいたとそうだんけた。わたしちょくせつうわさをきしたわけではないためはなしくだけにとどめた。だがもしわたしがそのじょうほうだれかにひろめ、さらにうそだったあいかえしのかないことになっていただろう▼フェイクニュースへのたいさくとしてまずうたがってみること、ぶんせんにゅうかんにんしきすること、じょうほうげんかくにんすること-などがげられる。これをり、わたしぶんったこうどうあんした。うわさのしんはいまだにわからない。けれどもこんきょもなくBのしんらいうしなわせるけっにならなかったことはよかったとおもう▼じょうほうむかしいまではつたわるそくひろさもちがう。わたしすこひろめたじょうほうおおきく、なみのようにひろつたわってしまうこともある。おおげさではなく、だれかのじんせいわるほうえてしまうかもしれない▼わたしいま、どんなだいじょうほうげん調しらべている。ひとからいたじょうほうだれかにはなすときはぶんせきにんだとかんじる。じょうほうはすぐにかくさんせず、しんたしかめてからつたえることをつよすすめたい。(クラークねんこくさいこうこう1ねんはやしだい5こどもしゃ

◆このかくざいふくおかべいこくりょうかんきょうりょくじつげんしました。

関連記事

PR

こどもタイムズ アクセスランキング

PR