令和の里山づくり

福岡市の東隣、新宮町の山あいに広がるミカン農園。多くの樹木の下半分は実も葉もなく、きれいに丸裸になっていた。「全部、鹿に食べられたんです」。案内してくれた小島(おしま)慎太郎さん(29)が教えてくれた。無農薬栽培の果樹は、彼らにとってもごちそうらしい▼里山が荒廃して、鹿やイノシシ、猿の生息域が広がっ...

残り 200文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR