「2割4分じゃ…」小久保ヘッドの活に栗原発奮 打率3割誓う

 日中は快晴が続く宮崎で、福岡ソフトバンクの栗原陵矢捕手(24)が連日バットを振り込んでいる。第1クール最終日となった3日はメイン球場のアイビースタジアムでの打撃練習を終えると、すぐさま室内練習場へ。ここでも2時間近くにわたって打ち込んだ。「やっぱりキャンプなので。しっかり1年戦える土台づくりは大事。きついけど、しっかり振らないと」と決意をのぞかせた。

 厳しい練習に耐えられる発奮材料は小久保ヘッドコーチから掛けられている言葉だ。昨季は118試合に出場してチーム2位の17本塁打、73打点を記録するなど躍進。一方で打率は2割4分3厘にとどまり、「やっぱり、2割4分ではレギュラーで出るには物足りないと言っていただいた。自分でも求めていかないといけない。打率3割を目標にやる」と誓った。

 さらに小久保ヘッドは栗原ら若手に練習での集中力を求めた。「主力にあるゾーンというか、コーチ陣も声を掛けにくいような雰囲気があるが(若手も)そういう変化が出てくれたらいい。そういう雰囲気がある選手は、この世界でも抜けている」と話した。

 栗原は「オーラや雰囲気を感じる場所が先輩方にはある。見ていてもすごく勉強になる」とうなずく。押しも押されもせぬ常勝軍団の主力へと成長するために春の宮崎で白球と向き合う。 (山田孝人)

関連記事

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR