ウイグル族「中国が不妊手術強制」拒めば収容施設  

 中国政府による少数民族ウイグル族弾圧が懸念される新疆ウイグル自治区で、住民への不妊手術が急増していることが分かった。欧米の研究者や人権団体は「中国当局が不妊手術や中絶を強制している」と批判。中国側は「反中勢力によるデマだ」と猛反発するが、米政府が中国のウイグル族弾圧を「ジェノサイド(民族大量虐殺)...

残り 1020文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

国際 アクセスランキング

PR