新阿蘇大橋、復興への光 3月の開通前に写真愛好家でにぎわう

 3月7日開通が決まった新阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)が光に彩られ、国道57号沿いにある展望所には、夕暮れになると写真愛好家らが訪れている。今月21日まで。

 2016年の熊本地震で崩落した旧大橋の600メートル下流で建設が進む新大橋。橋桁は赤、緑、白、青と4色の電飾に彩られ、阿蘇長陽大橋を走る車列の明かりも行き交う。

 イルミネーションは1月中旬から、官民組織が「復興への光の架け橋」と銘打ち始めた。闇に包まれるに連れて色は深まり、開通を待ち望む人々が見入っていた。 (佐藤倫之)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR