「ワクチン副反応は?」感染症専門医が解説

 新型コロナウイルスのワクチン接種が医療従事者や高齢者から始まるのを前に、飯塚市の飯塚病院感染症科の的野多加志部長が西日本新聞のインタビューに応じ、市民が抱える疑問に答えた。 (聞き手は坂本公司)

 -新型コロナワクチンはどのくらい役に立つのか。

 「ワクチンは、感染症予防策の重要な柱だ。新型コロナは飛沫(ひまつ)と接触による感染が多いと分かってきた。特に飛沫。だから第1の対策としてマスク着用が大事となる。マスクを外し、近い距離で飛沫を飛ばすような状況が危ない。夜の街のみが危ないのではなくカラオケ、居酒屋、日常生活も当てはまる。食事前の手洗いや消毒も、接触感染対策として重要だ」

 「これらは体にウイルスを入れないという対策。第2は、ウイルスが入った場合に発症しないように防御することが必要。その防御網である免疫をつくるためにワクチンがある」

 -ワクチンの副作用を不安視する市民がいる。

 「国内に流通しようとしているワクチンは、新たなワクチンを開発するためのプロセスを問題なく通って承認される。血圧や糖尿病の薬などと同じく正式な過程を通った。どの段階も飛ばしていない。『早いが悪い』ではなく、早く世に出さないといけないので、多大な人、物、金を投入した結果だ」

 「承認をされる上での安全性は全く落ちていない一方、開発されて日が浅いため、ごくまれに出る副作用、中長期的に体に起きることに関してはまだ分からないという点はある」

 -それでも、接種を受けた方がいいのか。

 「副作用は日本感染症学会が公表している。一番多いのは打った箇所が痛くなること。そのほか、だるさ、頭が重くなるといった軽い風邪の症状が紹介されている。これらは実際に新型コロナにかかるよりはまし、と言えるのではないか」

 「重いアレルギー反応のアナフィラキシーは、どんなワクチンでも起こりえるため可能性はある。そのときのために、救護態勢が整えられた施設内で医師が接種するように仕組みがつくられていくはず。健康被害が生じた場合、これまでの定期接種と同様にコロナワクチンでも補償制度が適用される」

 -今回、接種には優先順位がある。その訳は。

 「ワクチンを打たないデメリットが大きい順に打ってもらうため。医療従事者は感染すると、病院が止まってしまう。高齢者は、80代以上にもなるとコロナ感染後に約1割が亡くなるという厳しい数字が出るほど重症化しやすい」

 「だからといって若く健康な人は受けなくていい訳ではない。発症した場合の後遺症もある。長い人で3カ月以上のだるさが残るとされ、脱毛も報告される。生死に関わらないが『普通に戻れない』というのが続く。感染するデメリットはどの年代でも大きい」

 -ワクチンが出回ることで、新型コロナとの闘いは終わりが見えるのか。

 「理論上は6割の人たちにワクチンが打たれることで、この感染症は下火になるとみられる。一部の人だけが接種すれば良い訳ではない。ただ、それには時間がかかる。ワクチンが始まったから感染対策が全て終われるかというとそうではない。感染対策と並行してワクチンを打つべき人から順番に接種してほしい」

 「市民の皆さんは、打つ際のリスクを勘案した上で、それをメリットが上回ると判断してもらえればありがたい。医療従事者としては、不安に応える情報提供に努め、大きな副作用が起きたときの対処を確実に取れる態勢を整えていきたい」

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR