大牟田ごみ固形化燃料発電、譲渡方針決定 来月にもJFEと契約

 福岡県大牟田市でのごみ固形化燃料(RDF)発電事業について、大牟田リサイクル発電事業運営協議会は4日、ウェブ会議を開き、プラント大手「JFEエンジニアリング」(横浜市)が提案した事業継承の申し出を受け入れる方針を正式決定した。発電所を運営する第三セクター「大牟田リサイクル発電」は3月にも、JFEと...

残り 401文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR