21年春闘 連合、ベア2%好循環生む  経団連、一律賃上げ難しい

 新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出される中での幕開けとなった2021年の春闘。企業の多くで業績が悪化し、今後の日本経済の先行きも不透明な状態だが、賃金や働き方について、どのように議論するか。連合の神津里季生(こうづ・りきお)会長と、経団連の大橋徹二副会長(コマツ会長)に聞いた。...

残り 1543文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR