九州・沖縄、20年休廃業・解散4151件 コロナ影響 過去2番目の多さ 

 東京商工リサーチ福岡支社は5日、2020年に九州・沖縄で休廃業・解散した企業が前年比5・1%増の4151件と2年ぶりに増加し、集計開始した00年以来、過去2番目の多さだったと発表した。経営者の高齢化や後継者不在に加え、コロナ禍で事業継続を断念した事業者も多いとみられる。

 業種別では飲食や宿泊を含...

残り 336文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR