三井松島HD、石炭事業早期撤退も 「脱炭素」で市況低迷

 三井松島ホールディングス(HD、福岡市)は5日、オーストラリアで参画する石炭生産事業について、2023年をめどに早期撤退することも選択肢に検討していると明らかにした。世界的に脱炭素に向けた動きが加速し、石炭価格が下落。事業継続には100億円規模の先行投資が必要なため、採算性を見極めて判断する。

 ...

残り 419文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR