公立夜間中の必要性調査へ 福岡市教委

 国籍の違いや不登校などで十分な義務教育を受けられなかった人たちが通う公立夜間中学校について、福岡市教育委員会は5日の市議会常任委員会で、ニーズを把握するための調査を行う方針を明らかにした。この結果を踏まえ、設置が必要かどうかを判断する。

 市教委によると、調査の時期や手法、内容は未定だが、早急に検...

残り 301文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR