自殺の職員は公務災害 上益城消防組合の上司からパワハラ

 熊本県御船町の上益城消防組合に勤務していた男性係長=当時(46)=が2019年5月、上司のパワハラを訴えて自殺した問題で、地方公務員災害補償基金県支部が、公務員の労災に当たる公務災害に認定していたことが分かった。認定は1月25日付。遺族が20年4月に申請していた。消防組合の担当者は「重く受け止め、再発防止に努めたい」とコメントした。

...

残り 159文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR