木下昌輝著『応仁悪童伝』

 近年の歴史小説のホットスポット・応仁の乱に、斬新な切り口で挑んだ書き下ろし長編。主人公は孤児の一若(いちわか)と美童の熒(けい)。持ち前の武技や知謀を武器に「救いようのないことがあまりに多すぎる」時代を駆け抜ける。国家経済を左右する謎の宝物や天狗の落とし文など著者らしい...

残り 39文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR