鍋焼きうどん 心も体もポカポカ

 終戦から5~6年たつと、生活にも余裕ができ、同級生たちと思い立って近くの二日市温泉(福岡県筑紫野市)に行くことがありました。そのとき私が好んで食べたのが鍋焼きうどん。今から70年も前のことですが、寒い季節、ぐつぐつ煮立てられたあの味で心も体もぬくもりました。

 作り方は普通のうどんと大して変わりま...

残り 545文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR