雪山に登る 安達八重子

 雪を頂く涌蓋山と女岳の優美な姿。「今からあの頂をめざすのだ!」。初の雪山登山。3日間降った雪は全てを覆う。その深さ約20センチ。滑り止めのアイゼンを靴底に装着し、足応えを感じる。ザックザック、先頭の人の足跡を踏んで歩く。

 1年前には雪山に登るとは思ってもみなかった。同級生の茶話会で「くじゅうのミ...

残り 353文字

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR