コロナ禍とワニの口

 ワニの口-。先進国最悪とされる日本の財政状況は、そう例えられる。増加する歳出と横ばいの税収のグラフが年とともに離れ、上顎を開けたワニの口のようになった。さらに新型コロナ対策で2020年度の歳出と税収との差は約120兆円の空前の規模に膨らむ見通し。打撃は大きく、ワニの上顎は外れた。

 それでも危機感が高まらないのはなぜか。財務省幹部が別の例えをしてくれた。昔、ある村が村民のお金で川に橋を架けた。橋がもう一つあれば便利だが、またお金を集めるか、造らないかの選択肢しかない。国の財政も同じだが「借金を重ね、受益と負担の関係が切れた」という。

 コロナ禍が長引き、経済対策などで歳出増は避けられない。問題は利益を受ける世代が、借金という負担を将来世代に押しつけていることだ。どうやってワニの口を閉じるのか。われわれ今の世代に、負担の議論を本格化させる責任がある。 (中野雄策)

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR